HOME > 老年期認知症研究会について

老年期認知症研究会について

img本研究会は、老年期の認知症ならびに関連疾患に関する研究発表と情報交換を行うことを目的として昭和61年に組織化され、翌年から研究発表が始まりました。

開催当初は「老年期痴呆研究会」という名称で始まりましたが、平成20年7月の中央世話人会にて名称変更することが決定され、同年10月開催の第17回中部地区研究会から「老年期認知症研究会」となりました。

全国7地区で研究会を開催しており、東京で年1回開催している中央研究会は、今年(平成28年)7月に30回を迎えます。北海道、東北、中部、近畿、中・四国、九州の6地区は平成11年より隔年開催となり、平成27年10月開催の北海道より21回目になっております。

ご講演内容を収めた記録誌である老年期痴呆研究会誌は第15巻より電子ジャーナル化され、平成22年8月24日に開設した研究会ホームページ上での閲覧やPDFファイルのダウンロードが可能です。

なお、当研究会は日本老年医学会、日本老年精神医学会、日本認知症学会の専門医認定更新の対象研究会となっており、各地区都道府県医師会の承認により、日本医師会生涯教育制度における単位、カリキュラムコードの取得も可能です。

また、平成28年4月20日には、公益財団法人日本薬剤師研修センターの認定対象研修を実施する機関に登録されましたので、今後、認定シール発行が可能となりました。
詳しくは「取得可能な認定単位(クレジット)について」をご覧ください。

(2016年6月現在)

  • 老年期認知症研究会について
  • ご挨拶
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 著作権利用許諾申請
  • 取得可能なクレジット

開催スケジュール

第31回老年期認知症研究会(中央) 開催:2017年7月29日(土)

論文掲載情報

地区別研究会
中央
北海道
東北
中部
近畿
中・四国
九州

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をお持ちでない方はAdobe Reader ダウンロードのページでダウンロードができます。

このページの先頭へ