HOME > 利用規約 > 取得可能な認定単位(クレジット)について

取得可能な認定単位(クレジット)

本研究会では、以下の団体・学会の単位が取得可能です。

【日本医師会 会員向け】

○日本医師会生涯教育制度における単位・カリュキュラムコード(CC)

開催地域の都道府県医師会に事前申請を行い、都道府県医師会(または郡市区医師会)より承認をいただいています。

・単位は挨拶、休憩時間を受講時間には含めません
・単位は受講時間1時間あたり1単位(最小単位は、30分0.5単位)
・CCは84のカリキュラムコードから、演題毎に講演内容に対応した1カリキュラムコードを指定

なお、製薬企業が協力する講習会に単位・カリキュラムコードを付与しない都道府県医師会もあるので、地域の実情に合わせて、申請しています。

参加により取得可能な単位数各研究会の講演時間により異なる
単位取得の証明参加証(一部発行のない地域がございます。)

※ 詳細は日本医師会のホームページでご確認ください。

【専門医向け】

※詳細は各学会のホームページなどでご確認ください。

○日本老年医学会

老年病専門医制度細則「専門医認定更新 第9条」 表2A 老年病専門医 認定更新のための所定単位(学術・研修集会)のうち日本医師会の生涯教育企画および準ずる企画として事前申請し、承認をいただいています。

参加により取得可能な単位数2単位
単位取得の証明参加証(単位申請については、各学会・団体にご確認の上、ご自身で行ってください。)

○日本老年精神医学会

学会の専門医制度規則「専門医の認定更新に関する事項」より、認定更新単位取得の対象となる研究会,地方会,和文誌として認められています。

参加により取得可能な単位数2単位
単位取得の証明参加証(単位申請については、各学会・団体にご確認の上、ご自身で行ってください。)
研究会誌への執筆により
取得可能な単位数
原著論文  筆頭者:8単位
原著論文  共著者:2単位
症例報告,調査報告,短報,総説  筆頭者:4単位
症例報告,調査報告,短報,総説  共著者:1単位

○日本認知症学会

専門医 生涯教育基準の履修単位として認められています。

参加により取得可能な単位数1単位
単位取得の証明参加証(単位申請については、各学会・団体にご確認の上、ご自身で行ってください。)
※当日受付に提出された参加証明書の【A】当日受付提出用は、
  事務局から学会への報告時に添付いたします。

【薬剤師向け】

○日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度

日本薬剤師研修センターより研修会実施機関として登録されています。

研究会ごとに集合研修会新規開催計画書を提出し、受理されることにより、研究会当日受講シールを配布します。

参加により取得可能な単位数各研究会の講演時間により異なる
※ 90分につき1単位で、1日4単位を上限として、交付します。
  例)中央研究会
  地区推薦講演20分が8演題、特別講演60分が1演題、
  全体で220分(3時間40分)となりますので、研究会終了時に
  2単位と記載された受講シールを交付します。
単位取得の証明受講シール

※詳細は日本薬剤師研修センターのホームページなどでご確認ください。

○日本薬局学会 認知症研修認定薬剤師制度

認定更新単位1単位として認められています。

参加により取得可能な単位数1単位
※遅刻・早退された場合、単位の交付は認められません
  (未修了扱いとなります)のでご注意ください
単位取得の証明参加証(単位申請については、各学会・団体にご確認の上、ご自身で行ってください。)
※当日受付に提出された参加証明書の【A】当日受付提出用は、
  事務局から学会への報告時に添付いたします。

※詳細は日本薬局学会:認知症研修認定薬剤師制度のホームページ でご確認ください。


  • 老年期認知症研究会について
  • ご挨拶
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 著作権利用許諾申請
  • 取得可能なクレジット

開催スケジュール

第31回老年期認知症研究会(中央) 開催:2017年7月29日(土)

論文掲載情報

地区別研究会
中央
北海道
東北
中部
近畿
中・四国
九州

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をお持ちでない方はAdobe Reader ダウンロードのページでダウンロードができます。

このページの先頭へ